パニック症の発作が起きたときは


ノニスピリットを継続していれば、少しずつ着実にパニック症は改善していきますが、

準備不足でパニック症になってしまった場合の対処法を紹介します。



パニック症の発作が起きたときは、周りの人はできるだけ冷静に対処しましょう。

まず、発作止めの頓服薬を飲ませ、それから静かに背中をさすったり手を握ったりして、気持ちを落ち着かせてあげます。

本人は死ぬかもしれないという恐怖にとらわれていますので、「だいじょうぶだよ。すぐによくなるからね」とやさしい言葉をかけ続け、安心させてあげましょう。

また、「つらくてがまんできなくなったら、救急車を呼んであげるから安心してね」というような、患者さんの不安感を取り除いてあげる言葉をかけることも大切です。

発作が始まったら、程度や症状、どんな感じがしたかなどを本人に記録させると、後に役立ちます。

周りの人の接し方も重要ですので、箇条書きで示します。


・パニック障害がどんな病気なのか、きちんと理解する

・しかったり、励ましたりするのは厳禁

・焦らないで、長い目で温かく見守る

・神経質に気を遣いすぎないで、自然な態度で接する

・精神科に行くことが恥ずかしいなどといったりしない

・できるだけ好きなことをさせてあげる




主婦と生活社
「私のパニック障害」患者から学ぶ安心生活の方法
ほほえみの会代表 野沢真弓著
山梨大学医学部精神科神経科講師 山田和男監修
より引用



ノニスピリットでパニック回避!作用や口コミ、通販のマル得購入法! トップページ

FX業者